FX ダウ理論とディナポリでちゃんとチャート分析!

相場は値動きがすべて! テクニカル分析で相場と仲良くなろう(*^^)v

ダウ理論とディナポリでちゃんとチャート分析!

ダウ理論

相場は予想できない。値動きについていくだけ。

素人に予想なんてできない。 予想よりも値動きについていくことが大事!! 5/3のEURGBP 素人に予想なんてできない。 雇用統計を通過しました。 雇用統計前の記事では「キウイドルがレンジ下限を割れれば売り」と書きましたが、見事に外れてしまいました(^^ゞ…

【ダウ理論②】エントリーとイグジットの考え方

ダウ理論の2回目です。 前回はダウ理論の基本原則や、高値、安値からレンジ幅を決めて値動きを追っていくことについて書きました。 今回は、実際のトレードで、ダウ理論を使ってどのようにトレードしていくのか、まとめていきたいと思います。 エントリーの…

【ダウ理論①】高値、安値からレンジを決め、トレンドを追いかけよう。

トレードの際に僕が最も重視している「ダウ理論」についてまとめていきます。 ダウ理論は100年以上前に考案された考え方ですが、現在も多くの勝ちトレーダーの方が意識されている理論です。 FX初心者の方は、いろいろなインディケータについて勉強するよりも…

ダウ理論はファンダを凌駕する!!やはり値動きはすべての要因を織り込んでいた!!

昨日は、ファンダメンタルズ要因がたくさん出ましたね。 まずはニュージーランド。 RBNZが政策金利を据え置き。 市場はハト派を期待していたため、これを受けてキウイが上昇。 つれて豪ドルも上昇しました。 欧州時間に入ると、スペインで新年度予算案が否決…

ローソク足の読み方②

前回は1本のローソク足の読み方について書きました。 今日は2本以上のローソク足の読み方についてまとめます。 2本以上ということは、もうチャートの読み方と言ってしまってもいいですね。 インディケータを何も表示していない状態のローソク足チャートを…

ローソク足の読み方①

僕は、ダウ理論とディナポリチャートを使ってテクニカル分析しています。 これまでは、日々のトレード戦略を中心に書いてきたのですが、少しずつ「ダウ理論」と「ディナポリ分析」の記事も書いていこうと思います。 今日は基本中の基本「ローソク足の読み方…

ローソク足を読むということ。

今週はイベント盛りだくさん。注目材料が多い週です。 <今週の重要イベント> 1/29 英議会プランB採決 1/29,30 FOMC 1/30,31 米中貿易協議 ということで、ファンダメンタルズ要因が多くなりそうですが、よく分からない僕はいつもどおりテクニカルでチャー…

損切りの置き方

保有ポジションに変化なし。戦略も変化なし。 ということで、今日は損切りの置き方についてまとめておこうと思います。 ちょうど、昨日は保有ポジションに対して反対方向の値動きとなり、「今のうちに利確したい!」「あー、マイナスになっちゃった。いった…